結納品

結納品
結納金の包みに縁起物を加え、その目録を添えたセットのことをいいます。この数は9品目が正式となっているのですが、略式として9品目から勝男節、家内喜多留を除いた7品目や7品目から寿留女、子生婦を除いた5品目で行う人も増えています。関東の場合は、一つの台に結納品を並べるの多く、値段としては2万〜7万円くらいになると考えておいた方が良いでしょう。デパートや専門店、式場、ホテルなどで購入することができます。

最近は洋風のものやシンプルな飾りのものもあります。両家が同じ数、揃えたほうがよいので、事前に何品目にするか話し合っておいたほうが良いでしょう。結納品を売っている人などに相談するのも良いでしょう。また、席上、婚約の記念品を交換するといったところもあるみたいです。

男性から女性へは婚約指輪が、女性からは腕時計やスーツが贈られるのが一般のようです。また、贈り物としてはプリザーブドフラワーも人気です。プリザーブドフラワーには色々な形に加工、アレンジしたものがあり、結婚式の中ではプリザーブドフラワーブーケやリングピローの装飾などにも使われています。
目録(もくろく)
「茂久録」とも書くこともあり、結納品の品目と数を記した納品書です。
畳み方や書き方は地方によって異なるので、確認した方が良いでしょう。
熨斗(のし)
「長熨斗」「納幣熨斗」とも呼び、あわびの肉を干して伸ばしたものに“のしあわび”を入れます。
現在は海草やビニール製の代用品を使用しており、あわびは、長生きするのでおめでたい貝ともいわれ、不老長寿の象徴とも言われているものです。
贈り物につける「のし」の意味もあります。
末広(すえひろ)
「寿恵広」と書く事もあり、白い扇子を2本一組にしたものです。
末広がりに開く白い扇には、“純白無垢”という意味と“先に行くほど繁栄する”という思いが込められたものであります。
金包(きんぽう、かねづつみ)
「金宝包」「金封」とも書き、結納金、結納返しなどの現金の包みのことをいいます。
男性からの結納金の表書きは「御帯料(おんおびりょう)」、女性からのものは「御袴料(おんはかまりょう)」としています。
子生婦(こんぶ)
「子布婦」とも書き、昆布のことです。子宝に恵まれるという意味があります。
子孫繁栄の願いも込められています。“よろこぶ”にも通じます。
友白髪(ともしらが)
「友志良賀」「共白髪」とも書き、白い麻糸を白髪に例えたものです。 “夫婦そろって、ともに白髪になるまで仲睦まじく添い遂げられますように”という意味が込められているものです。
寿留女(するめ)
するめいかの干し物のことで、するめは昔から祝い事にはつきものです。
かめばかむほど良い味が出ることから、良い妻を象徴しており、長期保存できるため、不備への備えの意味として“するめのように長持ちする嫁になってほしい”という意味が込められているものであります。
勝男節(かつおぶし)
「勝男武士」「松魚節」とも書き、鰹節のことをいいます。
背筋と腹筋を一組にして贈ります。たくましい男性の象徴を現し、するめ同様に不備への備えの意味が込められたものであります。
家内喜多留(やなぎたる)
そのまま「柳樽」と書くこともあり、柳の樽に入れた日本酒のことで、“家内に喜びが多く留まるように”といった願いが込められています。
実際に朱塗りの酒樽を贈る地域もありますが、一般的には「酒肴料」として現金を包むこともあります。

Last update:2016/6/29