結婚式の服装(男性)

結婚式や披露宴に招待された男性の服装も、披露宴の形式や、時間帯によって変わってくると思います。一番大事なことは、全体の雰囲気とあっていることことでしょう。特に歳がいっている方などは、式典での形式を重視するので、招待客の服装によって新郎新婦が恥ずかしい思いをさせることは避けたいものなのです。格式の高い披露宴から一般の披露宴まで、常識的なのがブラックスーツ又は濃紺などのダークスーツです。

上着はシングルでもダブルで構わないです。白いシャツに、慶事用の白かシルバーグレーのネクタイを締めておくと良いでしょう。靴とかばんの色も黒に統一して、かばんにはご祝儀を入れるのに必要になるのかもしれませんが、内ポケットに入れば持っていく必要はないでしょう。

披露宴で司会などを頼まれたときに紳士服売り場で「披露宴の司会をする」と店員の方に相談したら蝶ネクタイなどがすすめられるので司会を頼まれたら蝶ネクタイをして見てはどうかと思います。
司会の他にも、受付、配車や誘導などのを頼まれることがあります。このような場合は、両家の顔として来賓や招待客の方々と接することになるので頼まれた時の服装は特に清潔にして、奇抜な服装にならないように気をつけましょう。招待状に「平服」とあったとしてもダークスーツで出席するほうが良いでしょう。

シャツもおしゃれなデザインのものや、カラーシャツで、ネクタイも華やかで派手なもので構いません。くれぐれもビジネススーツのイメージにはならないようにした方が良いです。靴なども以外と目につくものなので、磨いて出席するようにしたほうが良いでしょう。

結婚式の服装(女性)

女性の服装

一般的な結婚式、格式の高い披露宴に招待された女性の服装は、洋装ならば、昼は清楚なドレッシーなワンピースやスーツです。新婦が注目するウエディングドレスを着ていますので、招待されたほうは肌をあまり見せないように、派手過ぎにならないように気をつけてください。昼間の披露宴では、光る素材の服やアクセサリーはしない方が良く、また普段着のイメージの強いニットや綿のものもしない方が良いでしょう。夜の披露宴なら華やかなカクテルドレスでも良く、華やかに胸元や肩をだして、光る素材やロング丈のセミイブニングドレスに、照明に輝くアクセサリーでドレスアップをした方が良いでしょう。

しかし、花嫁より目立ちすぎるのは良くないので気をつけましょう。それに意外と目立つのが足元で、流行のミュールやサンダルと考えている人もいると思いますが、年配の方からはあまりふさわしくないと思われがちなので、つま先やかかとの隠れるデザインのものが良いでしょう。また、和装では訪問着や紋をつけた色無地ならば既婚者、未婚者に関わらず着ることができます。既婚者の正装は色留袖や黒留袖ですが、これは一般的に親族が着る物です。未婚者ならば振袖が正装なので時間に関係なく着ることが出来ますが、一般的には中振袖か小振袖が良いでしょう。「平服」と言われたときには、スーツやワンピース、パンツスーツなどの外出着で出席するようにしましょう。

最近ではブラックフォーマルの出席者も多く見かけられますが、華やかなイメージになるよう工夫した方が良いでしょう。平服の指定があったときの和装は、略礼装のつけさげ、小紋なら袋帯を組み合わせましょう。また、おめでたい柄の帯や金糸、銀糸を使った組みひもの帯揚げなどでフォーマル感を出すことが出来るのでそういったものにしましょう。

注目サイト

名古屋市の骨董品買取店
http://www.r88.jp/

最終更新日:2017/3/16