結婚式二次会 男性の服装

男性の服装

結婚式の二次会に招待されたときは披露宴からそのままの服装で出席する人が多いと思われるので、フォーマルなスーツが無難です。礼服のブラックスーツかダークスーツに白いシャツ、ネクタイは白かシルバーグレーが一般的です。

結婚式二次会の会場や出席する方の年代、職業などによっては、もっと違った雰囲気になるかもしれません。スーツも礼服ではないダークスーツでシャツの色も薄いピンクや水色、ストライプといった柄物もいいでしょう。

ネクタイも明るい色にして、ポケットチーフも飾ってみたら良いと思います。結婚式の二次会からの出席なら、お祝いの気持ちを込めていつもよりおしゃれな私服というのもいいでしょう。職場の同僚や仕事仲間、遊び友達といった色々な人が集まるので、フォーマルな服装の人とカジュアルな服装の人が混ざっていても大丈夫という考え方もあります。

ただし、招待状に平服と書かれていたから普段着のシャツとジーンズで出席したら浮いてしまうので、おめでとうの気持ちを込めて、おしゃれに装ってみましょう。一緒に出席する仲間に、どんな服装で出るのか相談するのも良いでしょう。たまに二次会を盛り上げるために、変装してくる人もいると思います。今流行のお笑い芸人の衣装やかわった面をしてくる人など、二次会を盛り上げるためにインターネットで探して買うというのも面白いので良いを思われます。

新郎新婦には、前もって「二次会でこういったことをする」といった一言連絡しておいた方が良いでしょう。

結婚式二次会 女性の服装

結婚式の二次会に招待されたときは披露宴会場からそのまま出席する場合は、あえて着替をする必要はないでしょう。また、引出物などによって荷物がある上に着替えまで持ってくるとなると荷物が多くなるので別にそのままの服装で良いでしょう。着物で披露宴に出席したときは、二次会で汚れてしまうと大変困ることになりますし、着慣れていない人は長時間着ていると苦しくなってくるので、着替などを持参することを考えておいたほうが良いと思われます。

披露宴のままの服装で参加する場合は、アクセサリーだけ付け替える、ショールやストールをカーディガンに着替えたりして良いと思われます。披露宴では禁止とされる光る素材のアクセサリーや殺生を連想させる革製品も、二次会なら構いません。フォーマルなイメージの強い披露宴の服装にくらべて、二次会では職場関係や会社の仲間、遊び仲間などが多く出席するので披露宴とは違った雰囲気の服装の人が多くなると思われます。

披露宴には出席せずに、二次会から出席する場合でも、お祝いの気持ちを表してカジュアルになり過ぎないように心掛けた方が良いでしょう。男性はダークスーツで出席する人が多いと思われるので、場を明るくするためにも華やかなワンピースやスーツが無難だと思います。

事前のチェックも大切

二次会の開かれる会場の雰囲気をホームページなどで事前に調べておくと、服装を決める際に参考になるでしょう。それに、二次会から出席する友人と服装について相談しておくのも良いでしょう。
お祝いの気持ちの雰囲気が出るように普段よりも少しあらたまった服装や質のよいトップスに柔らかな素材のスカートなどでも良いでしょう。さらに、通信販売のカタログやホームページにも「二次会にぴったり」と書かれたパーティー用ドレスのコーナーが多く見られるのでそこで買い揃えててしまうのもよいでしょう。

またワンピースだけでなく、一緒にバッグや靴、コサージュやネックレス、ストールやボレロなどもそろえてしまうも良いと思います。通信販売のカタログやホームページを参考として、手持ちのワンピースやスーツにアクセサリーなどの工夫をするのも良いでしょう。披露宴ほどフォーマルになる必要もないので、純白の服は着ない、花嫁さんより目立たない、という基本を押さえておけば大丈夫です。

pickup

2017/3/29 更新